きのこのこの雑記帳

最近大学生になりました。南の島から東路の果てへお引越し

読書記録をどう保存するか

学校図書館が三年生に対する貸出を終了した。本が借りれなければ、学校へ通う意味の半分は失われたようである。高校三年間お世話になった図書館を去らなければならないということに、そしていつか読もうと思い続けてきた本を読むいつかはもう来ないというこ…

『羅生門』読書感想文

高校の授業で『羅生門』を習った。あの芥川龍之介の『羅生門』である。 あれは確か入学したての頃だったと思う。憧れの進学校(実はそれほどでもないのだが、あの頃は脳内美化がひどかった)に入学し、『羅生門』を読む。なんと格好いいのだろう。私はうぬぼ…

失踪マニュアル

朝、弟が私に言った。 「お前が持っている『完全失踪マニュアル』を貸してくれ」と。 そして、彼は早朝講座と学年集会をすっぽかした。 彼の場合は単なるサボりだ。しかも早朝講座と学年集会、わずか90分足らずのサボり。 でも、私は彼の行動が羨ましかった…

温室からの脱出~温室デイズを読んで~

部屋の片付けをしていて困るのが、たくさんの紙類。 特に、自分が書いた作文類は捨て難い。でも、保存方法も分からない。 悩んだ末にこのブログに投稿し、ネット上で保存しておこう!という結論に達した。 コンクールの入賞作品集に載ったものだけは避け、春…

誕生日プレゼントに本

誕生日プレゼントとして、友達2人から本をもらいました。 谷川俊太郎 詩選集1 谷川俊太郎詩選集 1 (集英社文庫)作者: 谷川俊太郎出版社/メーカー: 集英社発売日: 2005/06/17メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 20回この商品を含むブログ (49件) を見る 石…

一年間の読書記録

そろそろ私は卒業。学校図書の貸出も2月いっぱいで終了しました。 今年、学校図書で借りた本は140冊。 私物の本や、祖父母の家、更には市立図書館と、今年の私はいたるところで本を借りて読んだので、実際には170冊くらいは読んだはずです。 さて、1…

頑張ったのに~県読書感想文コンクール~

小中学生の悩みの種である、読書感想文。夏休みの書店には、「読書感想文の書き方」たる本がならび、ネットにはパクリサイトが溢れる。 でも、私は読書感想文が大好きだ。 好きな本を読んで、好きなように感想を書くだなんて、なんて夢が溢れる宿題なのだろ…

私のお菓子哲学序説~『コーヒー哲学序説』を読んで~

今日、暇があったので寺田寅彦の『コーヒー哲学序説』を読んだ。この作品は私がkindolleでよく一番初めの作品だ。 コーヒー哲学序説作者: 寺田寅彦発売日: 2012/09/13メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 内容を説明すると、幼き日の思い出からコ…

声に出して『声に出して読みたい日本語』を読んだ。

声に出して読みたい日本語作者: 斎藤孝出版社/メーカー: 草思社発売日: 2001/09/12メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 59回この商品を含むブログ (98件) を見る 数年前にちょっとしたブームになった本。 「声に出して、味わう。」 そんなシンプルなことに…