読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこのこのこのこ

最近大学生になりました。南の島から東路の果てへお引越し

15歳の定義……?

雑記

f:id:kinokonoko11:20130129231901j:plain

 

 

今の国語の授業がこれ。

「文章を書き、ものの見方や考え方をふかめるには」~『手紙』を批評する~

「これから、それぞれの人生を切り開いていくうえで、『15歳の今』を考えることは大切である。ここでは、アンジェラ・アキの『手紙』の批評文を書き、友だちと読み合って、自分自身を見つめなおそう」

                     以上教科書より引用。

とのことで、

  1. 「15歳の定義」を書き、自分のものの見方や考え方を確認する
  2. 詩を分析し、「メッセージ」を読み取る
  3. 「批評の切り口」を決めて、文章の構成を考える
  4. 自分の考え方を文章で記述する
  5. 書いた文章を読み返し、友達同士で読み合う
  6. 学んだことを生かして、批評文を書く

の6段階で批評文を書いていくようだ。

 

中学生にも楽しめる授業を目指していることは、十分に伝わってくるのだが、アンジェラ・アキの『手紙』を批評するというところがつまらない。あんな「THE青春の悩み」という感じの曲は聴く分にはいいけれども、批評するとなると気恥ずかしい。

 

 前書きが長くなったが、今日は授業の1段階目「『15歳の定義』を書き、自分のものの見方や考え方を確認する。」が面白かったので、ここにまとめてみたい。

 

 まずはじめに、先生が用意したプリントに15歳とはどのような年なのか、自分なりに定義し、書いた。

私が書いた15歳の定義は以下のとおりだ。

  • 今までは周りに流されるまま「ただ生きていた」のに対し、15歳とは「考え、迷い、生きる」年。
  • ある日は世界が色鮮やかに輝いて見え、またある日は世界が突然色を失ったように見える。そのようなことがある年。
  • いかに自分が小さな存在かと思い知らされると同時に、そんなことを認めたくなくて「自分らしさ」を求める年。
  • 時が残酷だと感じる年。
  • 成長したくない、老いたくない、何も変わらないで欲しいと思っているはずだのに、心の隅では未来を信じている年。
  • 思春期まっただ中の自分さえ、アホらしく思えるとし。
  • 良い意味でも悪い意味でも「15歳」
  • 矛盾の年

自分でも恥ずかしくなるくらいに、思春期まっただ中な私。これだから、この課題は嫌だったのに。

 

 

次に、先生がクラス全員の「15歳の定義」をプリントにまとめ、それを見ながら考えを深めた。

我が、3年1組の「15歳の定義」は以下のとおり。

  • 理想を探したくなる年
  • 男女仲良くなる年
  • おとぉと歩きたくない年
  • ザ・青春な年
  • 何をしても楽しい年
  • 勉強が嫌いになる年
  • はやりの服を着たがる年
  • 受験とか無くていいのにとか思う年
  • わくわく、どきどきにもやもやを抱える年
  • 小学生に戻りたい年
  • 何かに熱中する年        等

 

なんだ、みんなも案外思春期しているではないか!と嬉しくなったと同時に、純粋に面白かった。クラスのあいつも、こいつも、いろんなことを考えているんだねぇ。にやにや。

 

15歳とはやはり、思春期だ。多感な時期とも言われ、非行に走ったと思ったら、詩を書き出し、気がついたらギターを弾いている、そんな年でもある。でも、私は今までそこから先を考えたことが無かった。

だから、一度この機会に考えてみたい。もっと深く、中学生の今について。また、15歳という年を踏まえたうえで、それを考える意味も。

 

ここまで、悶々と書いてきたが終わりそうにないので、一旦ここで止めることにする。

 この単元が終わるまで、何度もこのブログにまとめたい。

 

 

編集後記

 

 

文章力がないと常々思う。また、この話題で最後まで書ききれるかな?心配だ。