読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこのこのこのこ

最近大学生になりました。南の島から東路の果てへお引越し

0とは何?

雑記

 

 

 

 

今日は、感激した。衝撃だった。驚愕だった。

 

 始まりは放課後の理科室だった。今日の私は、卒業前に理科雑誌『ニュートン』を読んで無かったことを思い出し、先生に無理を言って理科室に残っていたのだ。

 

 そこで読んだものが、「0の世界」と題した特集。

  内容としては「0」の歴史から、「0」の応用、更には宇宙にまで広げていた。やはり難しい箇所はいくつかあり、完璧に理解したとは言いがたいが、それでも興味そそる面白い内容だった。

 

 一番衝撃を受けたのが、この式。

 

 0÷1=a

    1=a×0=0

 つまり、0は1でもあるのだそう。

 

 だから、

 0÷2=a

   2=a×0=0

 

 でもあり、

 0÷100=a

 100=a×0=0

 

 でもあるのだ。もし、この式が成り立つのならば、「0」とは1であり、2であり、100であるのだ。

 

 びっくりした。理科室で一人、興奮の渦にいた。しかもこれは、馬鹿ゆえの妄想ではない。本当にこの式が雑誌の中で紹介されていたのだ。すごい。

 この式のあとには、こんな説明があった。

「数学では0の割り算はしてはならないとなっている」

 

 どうして、0の割り算はしてならないのだろうか?このようにして、「0」という数字が矛盾していくからなのか?それとも、何か意味があるのだろうか?

 

 

 

 理科室の黒板の前で計算式を立ててみても分からない。もう一度、特集を読みなおしても分からない。どうしてだ?アタマをフル回転サせたというのに、分からない。どうして?疑問が大爆発しそうになった私は、直ぐ様数学の先生のもとへ走った。

 

 先生は高校入試に向けた補習を組んでいたけれど、私に付き合ってくれた。

 まず、上の式の計算は正しいと認めた上で、

 私の「0とは記号ですか?数字ですか?」

 という問いには「数字だな」と、

 また、「0には矛盾が生じていると言えますか?」

 の疑問に対しては「それはない」と厳しく言った。

 

 肝心の「0とはなんですか?」という問いは、うまいことはぐらかされた気がするが、(0とは無限であり、なんでありとは言っていたような……)中学以上の学校では習うと教えてくれた。

 

 勉強は楽しみだ。この件だけれはなく、私は全教科において「高校や大学で学んだらいいさ~」とはぐらかされているから余計に楽しみだ。

 

 でも、あえて言いたい。「高校まで待てない」と。先生はあの後、すぐに補習授業に戻ってしまったので、質問を続けることができなかったが、私は尚も「0」に夢中だ。

 

 0×1=0

 や 0+1=0

 また、 1-0=0

  という式の上では「0」は無の存在なのだろうか?

 そういえば、小学校の算数では「0個のりんご」という言葉があった。何となく意味は分かるのだが、それでもなにかがおかしい。

 

 また、0は分数に登場しない。0.1という数も不確かで、私にはよくつかめない。

 

 知りたくて仕方無いことがたくさんあるのに、私は何も分からない。知りたい。どうしても分かりたい。しかも先生の話から汲み取るに、私の問に答えはあるのだ。そのことがとてつもなく悔しくてたまらない。

 

 

 編集後期

 明日も理科室に篭ろうではないか!と決意を固める私であった。