読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこのこのこのこ

最近大学生になりました。南の島から東路の果てへお引越し

さて、今日の夕飯をどうするか

雑記

 

 

 目をさますと、夜だった。

 私はいつの間にか眠ってしまったようで、体はじっとりと嫌な汗だらけになっていた。

 

 驚くほど暑い毛布のなかで、今日もまた一日をムダにしてしまったなと思う。でも、仕方ないのだ。これから何をしようかと思っていたら、私は眠ってしまったのだ。眠る気などどこにも無かったのに。

 

 何かに対する怒りがふつふつとわいてくるのを感じながら、私はリビングのある1階へと降りた。

 すると、リビングでは弟が映画を観ていた。私の座椅子で。口を開けてだらしない顔だった。

 そして私に言う「おい、飯」

 どこの弟が可愛げもなく、そんなことを言うのか。そもそも、食事当番は私でない。二人で相談して決めるものだ。てか、お前の座る座椅子は私のものだ。そこをどけ。

 

 私も私だ。イライラしながら、冷蔵庫を見る。何もない。冷凍庫も見てみる。一人前の牛丼しかない。

 

 そこで、弟がまた口を開く「おかぁが野菜食べろってさー」

 どういうことだ。野菜って、なんだ。

 しぶしぶ野菜室を覗くと、並んでいたのはキャベツとパクチョイ。

おいおい、チャーハン作りの野望も絶たれたぞ。

 

 弟をほったらかしにして、一人牛丼でも食べようかと思った。弟と言ったって、あいつも私と同い年だ。双子だもの。

 

 でも、それでも頭の片隅で緑の野郎が居座っている。

 そういえば、便秘気味だった。

 トイレの中で悶え苦しむことは、もうしたくない。

 わかってるんだ。私は、最悪の気分で、大嫌いな食材を調理しなくてはならない。

 

 じゃあ、何を作ればいい?

 弟が仕事を怠けているせいで、フライパンは汚れてる。油ギタギタだ。でも、洗いたくない。食事作りをしてやるのだから、せめて簡単な食器洗いくらいやれよ。こっちは、このあと洗濯もしなければならないのだ。悪態を付きたい。アイツの前で思い切り舌打ちしてみたい。しかし、映画鑑賞中だ。私が本を読んでる最中に邪魔されることが大嫌いなように、アイツもそうだろう。

 

 だから、私は黙って何か作ってやる。

 キャベツとパクチョイだけで何が出来るか分からんけれど、仕方無い。

 

 重い腰をあげ、クックパッドを開こう。

 

 数分前にはそう思ったはずだ。

 でも、どうして私ははてなに居るのだろう?

 まぁ、いいさ。

 キャベツとパクチョイの組み合わせレシピだなんて、クックパッドにあるわけ無い。

 私に出来る調理は、炒めるか、マヨネーズをぶっかけるかどちらかなのだから。

 

 弟よ、今から作ります。

 遅くなってごめんなさい。

 ここに悪態ついてごめんなさい。

 

 でも、すっきりした。

 これ、今日の記事として公開してもいいかな?

 

 気がついたら、テレビの音がお笑い番組に変わっていた。おい、私の気遣い、どこに行った。

 

 編集後記

 病気かと思うほどの寝起きの悪さをどうにかしたいと思う、今日このごろです。