きのこのこのこのこ

最近大学生になりました。南の島から東路の果てへお引越し

ほぼ日手帳のカバーを安く

f:id:kinokonoko11:20130401214808j:plain

 

 

 2ヶ月前に購入してからというもの、すっかりメロメロになっている「ほぼ日手帳

でも、そこにはやはり問題点がありました。

 

 まず、購入する際にも感じた値段の高さです。

 私が買ったカズンの場合、本体は3,500円。カバーも一番安いので2400円、一番高い商品ともなると1万円超。

 それはさすがに中学生には手が届きません。一瞬、購入を諦めてしまったほどにあの価格には謎のパワーがアリました。しかし、公式ページでほぼ日手帳の素晴らしさを知ってしまったがゆえ、買わなければ気が済みません。どうしても購入したいのです!あぁ、恋は盲目とはそういうことなのか……と少しだけ思ったり、思わなかったり。

 

 という訳で、その状況を打破するために考えたのが、ほぼ日手帳を裸のまんまで使うという作戦です。

 

 大きなオレンジ色の箱に手帳が裸のままで入っていた時には、思わず笑ってしまいましたが、結構丈夫な素材でできている手帳に大満足。金額的にも1500円プラス送料で、何とか手の届くほどに。これで解決、あとは楽しいほぼ日ライフを楽しむだけ!と勝手に舞い上がっていたら、そうはいきません。なんと、使い始めてすぐにほぼ日手帳は雨でぐしょぐしょ。

 

 リュックにも入れていたのに。ちゃんと傘も指していたのに。ただ、豪雨の中で2時間もおしゃべりしていたばっかりに、私のほぼ日手帳は悲惨な目にあってしまいました。

 

 しかも、その時はただ真っ白なページを見てにやにやしたいがために学校へと持って行っていたので、笑うしかない状況です。

 

 しかたがないので、帰宅した途端に除湿機でほぼ日手帳を乾燥させました。で、一応は何とかなったものの私はあることを学びました。

 それは、やはりカバーが必要だということです。

 1年もずっと使い続けるものだから、しかも私は結構てきとーな性格なものだから、ほぼ日手帳を守るためにはカバーが必要不可欠なのです。

 

 でも、やっぱり公式のものは高い。沖縄に住んでいるこの身、LOFTに買いにいけるわけもなく。それでもネットで購入し、500円以上の送料と手数料をとられるのは癪に触ります。

 

 そして、考えたのが

 とりあえずは本家様より安い。しかも、コクヨが販売しているので手にも入りやすい。もともとは2冊収納できるノートカバーとして売っているようなので、収納性も抜群!ほぼ日手帳がどんなにぶっとくなっても、コイツならしっかりと守ってくれるに違いありません!また、バタフライストッパーヤカードポケット、スマイルポケットはついてないものの、カバーの外側と内側には大きなポケット!バタフライストッパーのかわりとなりそうなゴムや便利な2本の栞もついていました!

 

 私は文具店で購入しましたが、東急ハンズでも当たり前のように売られていました。しかも、ハンズでは革カバー。

 

 このノートカバーを買って、早2週間弱。ちょこっとレビューを書いてみると、丈夫な作りで、これから1年間使い続けても壊れることはないでしょう。また、撥水加工もされているようなので、もうほぼ日手帳がびちょびちょになることもないに違いないです。ちなみに、私はカバーの内ポケットに「ダウンロードシティ」からの原稿用紙と付箋紙を入れ、外ポケットにはメモを入れています。さっと何かを書いた時に、このポケットに入れているのでメモから何までほぼ日手帳1冊で管理している気分です。

 

 私のように、本家様のカバーは高い。でも、カバーは欲しい。そして、どっかテキトーなところで買おうにも、収納力に欠けて心配だ。という方にこのカバーはおすすめですよ。

 私は購入してよかったです。今のところ、大満足しています。

 

 編集後記

 今日はエイプリルフールのようですね。なかなかセンスの良い嘘がつけないので、今日ばっかりは世界的な行事に乗れません。いつもは息をするように嘘をつく私が、嘘をついてもいい日に限って嘘をつけないだなんて、なんと皮肉なことでしょう。もしかして、エイプリルフールはこのためにあったりして。