きのこのこの雑記帳

どきどき台湾留学2018.9.1~ 沖縄と民俗と言葉と本と

1月のこと

このままだと無のまま一年が終わるのではないかという恐怖から、毎月のまとめを書くことにした。 自粛に次ぐ自粛の中、年が明けて。昨年抱えた問題が特に解決するわけでもなく、割とつらい月だった。親の病院関係のことや家事をしているか、自分が体調悪くて…

通信制大学で教員免許(国語)を目指した話② スケジュールとレポート

更新がかなりあいたけど前回のつづき。 kinokonoko.hatenadiary.jp 今回はスケジュールとレポートについて。 1.スケジュール 2.レポート 1.スケジュール 4月入学(3月末に書類を出した)のわたしのスケジュールは以下の通り。(ただし、かなりダラダラ…

明けたね2021

明けましておめでとうございます。 ぬるっと新年あけました。2020年の振り返りとか、2021年の抱負とか書きたいなと思いながらも、体調不良でずっと寝込んでた正月でした。寺社仏閣が好きなわたし。例年だと初詣のハシゴをしたり、親戚宅、友人宅で新年会に参…

通信制大学で教員免許(国語)を目指した話①

通信制大学(佛教大学)の科目等履修生となって、足りない単位を補充し、教員免許所得を目指していた。そしてこの度めでたく単位を無事に取得。通信制大学についてのネットの情報は少なく、自分自身手探りのなかの日々だったので、自分の体験を書き留めよう…

春学期オンライン授業の良かった点、悪かった点(受ける側)

秋学期が始まった。春学期は地元に戻っていたけれど、いまは北関東のアパートに戻って、授業を受けている。秋学期もほとんどオンライン授業だけれど、場所が違えば心境も変わる。そう思ったときに、新型コロナウィルスの混乱の中の春学期のことも忘れたくな…

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』読んだので感想文

インスタやFacebookでよく見かけた本を手に取った。『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』って本。 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 作者:ブレイディみかこ 発売日: 2019/06/21 メディア: Kindle版 英国で保育士として働く著者の息子…

約1ヵ月、ちゃんと高校に通えた話

教育実習を終えました。 約一か月、関東の高校で日本史を教えていた。大学生活、教職が大きな比重を占めていたから、一つのヤマを越えたんだと思う。新型コロナウイルス流行下、そもそも出来るのかぎりぎりまで分からなかった。それに、毎日の引きこもり生活…

見晴らしの良い場所で

沖縄に帰ってきて3か月。 昼夜逆転しちゃっているし、関東に居る自分よりずっと頑張れていないと思うけれども、沖縄で、学ぶこと、その実感がふいに訪れたことがある。鍵垢のツイッターでバーッと書いて自分の気持ちを発散させて、それで終わりにしたって良…

最近のこと(2020年6月10日)

この前の更新からちょうど一か月近くなので、思い出したように日記を書くよ。 ・沖縄に帰って2か月 新型コロナウイルス騒ぎで大学院のオンライン化が決まって、慌てて帰ってきて2か月経った。いつも帰省初日は身体が沖縄の暑さにびっくりする。那覇空港に着…

オンライン授業雑記

コロナ危機の中で過ごしている、でも平穏で何ともない私の日常を記しておきたいと思う。 私の通う(一度も通ってない)大学院でもオンライン授業がはじまった。今日はその記録を残しておく。 目次 オンライン授業っていっても様々 環境の問題 授業が「溜まる…

思っていた春とは違った

思っていた春とは違った。今ありとあらゆる人がそう思っているのだろうな。 思い描いていた春は、大学院生として新生活に胸を弾ませている春だった。でも、私は今子供時代を過ごした実家に毎日籠って日々を過ごしている。 大学の卒業式を終え、父の命日のた…

大学を卒業しました

大学を卒業しました。 新型コロナウイルスの影響で一般学生の式典参加は禁止、学類ごとの学位記授与式もなくなってしまったけれども、卒業式当日はうららかな陽気で、とても素晴らしかった。大学入学式の時に見上げた桜が満開で、それが心底嬉しかったのを強…

明日、大学を卒業します

私は明日、大学を卒業する。 新型コロナウイルスの関係で、一般の学生の卒業式参加は禁止となってしまったけれども、3月25日が卒業の日であることは違いない。袴を着てサークルの友達とも、学類の友達とも写真を撮る予定だし、学位記だって学類長から頂ける…

卒論提出しました

気がついたら、冬が来ていた。 わたしはこの秋から冬にかけて、自分のアパートの和室に置いたこたつの中でずっと卒業論文を書いていた。 和室の窓から見えるイチョウの木は段々色付いて、そして散っていった。季節感を伝えるのは、この窓からの景色だけで、…

11月7日~11月15日 息抜き記録

卒論を抱えていると、何でもない日記を書きたくなる。 ここ最近の日々は、日中授業に行って、夜ご飯を食べたあとから卒論を書いている。毎日、まいにち間に合うだろうか、と心配しているし、結構やばいスケジュールと、それでも思うように進まない現実とでち…

大学院合格していました

この前の日記でちらっと書いたけど、10月末に行われた大きな試験の結果が出た。合格発表は10時、1限目と2限目の間の休み時間で行われた。トイレに籠って、息をひそめて、その結果を見た。自分の身体が次第にこわばっていくのが分かる。でも頭の芯の方は冷…

近況報告:秋になった北関東でちゃんと生きています

熱い日差しが照り付ける沖縄に住んでいたこと、ましてや私が中国語を操って台湾で生活していたことなんて嘘のように、私は今北関東の暮らしにすっかり馴染んでおります。 写真は、沖縄から茨城空港への飛行機。窓から田んぼが見えて、わぁっとなった。そう、…

日本に帰ってきました

10ヶ月の台湾留学を終えて、日本に帰ってきました。 本当はもっと前にこの日記を書きたいと思っていたんだけれど、帰国してからもう1か月半が経ってしまった。 日本に帰ってくると、一気に色んな問題が降りかかる。帰国翌日から家族が入院、手術したこと、つ…

台湾大学の学修を終えました。ただいまインターン

ほんの1ヶ月前は台湾大学の交換留学生として、毎日授業に通っていたのだ、というと嘘のように思える。私は台湾大学での学修を終え、台湾大学の学生寮も追い出された。交換留学で私が台湾に居られるのはたったの10ヶ月しかない。だからだろうか。毎日がめま…

6月6日 中国語に専念するといったのはうそでした

卒論題目を提出したら、残りの期間は中国語に専念する。 そう言っていたのは先週の私ですが、それは嘘です。 何度だって思うんだけれど、やるべきことをやるべき時にやれる人なら、それは私ではない。中国語を勉強しなくては、と言いつつ目移りするものがた…

6月5日 海角七号 君想う、国境の南

朝の中国語の授業、それから昼下がりの唐詩の授業の合間に映画を観た。 観た映画は「海角七号」 海角七号/君想う、国境の南 [DVD] 出版社/メーカー: マクザム 発売日: 2015/05/29 メディア: DVD この商品を含むブログ (4件) を見る 海角七号 2枚組特別版(台…

6月4日

6月4日 保生大帝飛昇記念祭典・原住民博物館でガイドを聞く この日は朝から道教廟へ。お目当ては、台北の保安宮で行われる保生大帝飛昇記念祭典及び宴王祭り。今まで道教廟に通っていた理由のほとんどが神様の生誕日だったんだけれども、この日は「飛昇記念…

6月3日 空きコマに新莊地蔵庵 文武大眾爺生誕日

朝、登校中に本科留学生の子と会う。どういう文脈だったかは忘れてしまったけれど、彼女に尋ねられた。「日本の大学と台湾の大学、どうですか?どう違いますか?」と。今日はそのことを何度も考えている。 台湾大学、台湾でもっとも賢い大学と言われるだけあ…

6月2日 昼過ぎからの基隆小旅行

夜中、日本の大学の友達と電話した。 酔っ払った勢いで、誰かと話したかったのだ。 友達にもうすぐ帰ってくるんだね、といわれる。帰ったら、行きたいところを二人で考えた。今は台北の良さばかり目につくけれど帰ったって、楽しみはちゃんとあるんだよな。 …

6月1日 台湾で沖縄県人会に参加する

今日から6月。 午前中は日記を書いたり、本を読んだりして過ごしたのち、午後から県人会へ行ってきた。 私はよく沖縄のことを口に出すし、自分の軸に沖縄があることは確かなことだ。外的な評価も「沖縄の子」で一貫していて、多くの留学仲間は私が沖縄の大学…

5月31日 5月のおわり、読書の日

今日で5月も終わりらしい。びっくりである。でもまあ、留学の終わりを意識して日々を過ごしているせいか、ああまだ留学が終わるまで2ヶ月あるな、という謎の余裕もある。微妙な気持ちだ。 朝起きるとまず、スマホの通知を確認する。すると、大学の先生からメ…

5月30日 神農大帝生誕のため授業には行けませんでした

5月30日は神農大帝の生誕。ここ数日連続で通っているお寺でも9時から祭祀があるとのことで、行ってきた。 そうなると、行けなくなるのが朝の中国語の授業である。自分の中で明確な優先順位はあるのだけれども、少しの罪悪感はある。ただ、こればっかりは仕方…

5月29日

寝不足。 前日の夜、テスト勉強をはじめるのが遅すぎて夜ふかししたからだ。それから、相部屋の台湾人が夜中からお風呂に入り、ドライヤーをかけるのも関係している。部屋がなかなか眠れる環境にならないのだ。彼女は朝に授業がないから良いけれど、朝8時か…

5月28日

毎週火曜日は授業を受けて、放課後言語交換をしているうちに1日が終わってしまう。 卒論の題目を決めたら、残りの留学生活は今度こそ中国語に集中すると決めていたのに、授業と言語交換の間のわすがな時間、気がついたら日本語の本を読んでしまっていた。あ…

5月27日 媽祖遶境と避難訓練

朝の授業を終わらせて、お寺へ。3日連続の士林。 土地に惹かれるということは、「この土地なんか居心地良いなあ」という実感と共にやってくるものだけれども、私と士林の場合は「土地に呼ばれる」と行ったほうが良いかもしれない。 特に士林のことを気に入っ…