きのこのこの雑記帳

どきどき台湾留学2018.9.1~ 沖縄と民俗と言葉と本と

留学日記 9月15日 サークル新歓

 

 今日は新入生向けのサークル新歓だった。台湾大学にはたくさんのサークルがある。そして、そうしたサークルがあの手この手で新入部員を勧誘している姿は日本と変わらない。留学生である私も、何かしらのサークルに入りたくて、大学に繰り出していった。

 

 気づいたことは、サークル新歓のうち宗教団体が絡んでいるものが多いということ。言葉が不自由な留学生ということもあって、親切に教えてくれるのは宗教関係の人たちだった。中には留学生と一緒に文化体験をしながら中国語を教えるサークル、なんてあって、良いなって思った。宗教は歴史的にマイノリティや社会的弱者の救いになっているということを感じつつ、私もここではマイノリティだし社会的弱者なんだということも感じさせられた。というものの、宗教が絡んでいないらしいサークルは留学生歓迎ムードではなかったからだ。なかなか英語で説明してもらえなかったり、中には「今学期は募集していない」って言われたり。まぁ、そうだよね。サークルは課外活動をする場であって、言語習得のために使われる場ではないわけで、手取り足取り英語で説明されるのが当たり前ではないんだよね。

 

 宗教というと面倒くさいもののように扱われる日本だけれども、お隣台湾ではそうではないのか。確かに、街にはベジタリアンフード素食のお店が溢れているし、大学近くにキリスト教関係の本を専門に扱う書店もあった。台湾原住民族にはキリスト教を信じている人も多いという話も聞いたくらいだ。生活している分には日本との共通点が目立つけれど、そういう心の部分になると表面的な観察だけでは分からないものだなあと感じる。

 

 もう一つ、面白いなって感じたのは一緒にまわっていた友達(日本人)が、宗教サークルからの勧誘に食傷気味だったことだ。どうして宗教ってだけでそんなに拒否反応起こすんだろう、なんて宗教社会学の授業を思い出していた。それも一つの宗教的な立場だ。

 友達はうんざりしたように、「あれもこれも宗教やん」って言っていて、周りを見渡すと「聖書研究会、ヨガ、東洋医学太極拳、もろもろのボランティア」確かに宗教色を感じると言えば、宗教色を感じるものばかりだなあと思った。

 

 でも私が日本の大学で所属していた茶道サークルだって、宗教色を感じることはあった。お稽古の前に円になって暗唱するのは禅の教えだし、先生がもってきてくれる掛け軸は禅語。時には禅問答みたいな問いを投げかけられたりして。お点前のお清めや、一つ一つの作法には、ケガレのような神道に通じるものだってあった。文化を知ろうとする上で、宗教は切り離せないものだ。(ちなみに、茶道サークルの新歓では「宗教っぽいけど、全然そんなことないからね、大丈夫だからね」と宗教性を隠すようなことを言っていた。)

 

 私自身は大学で宗教の授業を好んで取るくらいには、宗教に関心がある。大学の授業で宿坊したり、御祈祷を受けたり、三峰山を登ったりした。台湾でだって、思想と関わっている太極拳をやってみたいし、留学の目的の一つは道教寺院を巡ることだ。言葉がもう少しうまくなったら、占いにも行こうと決めている。去年の夏には宗教施設を巡るタイ旅行もしたっけな。あれは良かった。台湾のモスクも教会も行きたい。私自身は特定の宗教を信じているわけではないけれども、自分が理解できないことの答えを未知なるものに求めることはある。近代科学の物差しで測れないものがそこにはあると考えているからこそ、私自身も自分の宗教体験を重ねたいし、その経験は自分を豊かなものにすると思う。それに、特定の信仰を持っている人達、彼らが見て居る世界を少しだけでも理解したいという思いがある。ただ、私が宗教に興味を持って、宗教と、それを信じるに敬意を払いたいと思うように、宗教を嫌気する人に対しても敬意を払いたい。

 

 でも、私が大切だと思うもの、親切にしてくれた人をそんなに嫌忌されると、複雑な気持ちにもなる。私の立場を説明しようと思うものの、うまく伝わらなくて少し嫌な空気になってしまった。これまで彼女とそういう空気になったことはなかったのに。ああこれだから宗教の話はタブーなんだ。私自身は何か特定の信仰をもっているわけじゃないから、どう説明したらいいか分からない。私自身、興味でのぞくことが彼らの大切にしたいものを踏みにじっていないか、不安になる。

 

 ただ、生活しながら、時々ハッとするような気づきを得られること。同じ日本人留学生の中での多様性を感じられること。もちろん、時にはそれによって疲弊することもあるし、頭の中でもやもやぐるぐるするんだけれども、私はそういうことも求めていたんじゃないかって思う。台湾に来て2週間、私はもう既に今までの私が見られなかったものを見ているのではないか。

 

 サークル、どうしようかなあ。

 宗教について色々書いてきたけれども、やっぱり特定の信仰を持っていない以上、サークルの単位で密にコミットすることは難しそう。教会のイベントみたいなのには気軽に行けるけれど、どこまでが入っていいものなのか。運動が得意な友達、音楽ができる友達は早々に入るサークルを決めたみたいで、正直羨ましい。芸術と運動に言葉は要らないからだ。趣味:読書、文章を書くことである私はだいぶ日本語に頼って生きてきたんだな、という発見。日台交流サークルに入ることは決定事項、気になるサークルは茶芸、文通、珈琲研究会。ただし、いっそ他のサークルに入らないもの選択肢の一つ。

 

 それにしても今日は一日社会と何となくかみ合わない日だった。友達の言葉を借りると、チューニングがあってないようだ。昨日はとても充実していたのに、調子は上がったり下がったり。体がふわふわして、息が深く吸い込めない、なんとなく息苦しい、胸の方がざわざわする。これらは私の黄色信号なので、ゆったりしよう。そういう日もあるさ。異文化で生活することがストレスになっていないはずはない。身体の声にちゃんと耳を傾けること、それは一年間私が健やかに生活するための必須事項である。今日で台湾に来て2週間。これまで2週間程度の海外研修にはよく参加していたけれど、ここから先の海外生活は未知の世界だ。

留学日記 9月14日 順益台湾原住民博物館

 

 台湾大学の留学生向け中国語授業は、来週から。

 金曜日はぶらぶらするために、本科生向けの授業も入れなかったので、今日は全休。その時間で順益台湾原住民博物館に行ってきた。

 

 

 順益台湾原住民博物館は、台湾原住民族に関する民族学博物館。

MRT士林駅からバスを乗り継いで、15分くらい。故宮博物院のすぐ近くにある。

 

当館の展示テーマは、台湾原住民族の分布と概観、原住民族が自然と共存してきた生活、各民族の様々な服飾様式、各族の儀礼と信仰が中心となっています (順益台湾原住民博物館 パンフレットより)

  原住民族の博物館って日本にはあまりない。(民俗学を扱う博物館は多いけれど)一番近いのは、大阪の国立民族学博物館みんぱく)だろうか。北海道にはアイヌに関係する博物館があったりするんだろうな。ならば、沖縄は?琉球民族が存在するのか、という問題は側に置いておくとしても、沖縄をテーマにした博物館は沖縄県内にとても多い。6月に実習した沖縄県立博物館は、まさに有史以前から現在に至るまでの沖縄に焦点を当てた博物館だった。沖縄本島のみならず、沖縄全域を含めたシマの自然環境、歴史、民俗、芸術を取り扱う博物館。沖縄と沖縄県民、沖縄を訪れる人達と共に歩いているような博物館だ。そして、その学芸員さんたちの姿勢に強く心を打たれたんだった。こうした博物館と、原住民族博物館の違いは?やっぱり近いところがあるんじゃないか。そして、そこに行くことで私が学ぶものってきっとたくさんありそうだ。そういうことを思いつつ、順益台湾原住民博物館は、台湾留学がはじまる前からずっと気になっていた博物館だった。

 

 そして、かなり面白い、素敵な博物館だった。

 

 この博物館、展示物に対して「その民族では何が美しいとされるのか」というような説明を付けていたことがかなり良かった。その美しさは私の価値観と異なることもあって、美しさが一つの物差しでは決して測れないことを教えてくれる。また、そのように「もの」を通じて彼らの世界観を知ろうとすることは、台湾原住民族を台湾原住民族として知ろうとしていることになるんだと思った。私は、マジョリティーである漢民族(そういっても、出身地の違いは多々ある)に対するマイノリティの台湾原住民族として彼らを考えていたからこそ、その凄さを感じた。

 

 また、展示物の中には美しい刺繍が施された衣服があった。その衣服には白い、プラスチック製のボタンがたくさん縫い付けられていて、私はこれを安っぽいな、無い方が良いな、と思ったのだった。でも、解説ガイドによると、この白いボタンは交換でしか得られないもので、富の象徴になるのだとか。私の日常に溢れているような工業製品である白いボタン、それが無い方が良いって思ったのは、オリエンタリズムを台湾原住民族に押し付けていたからではないか、そんなことを考えた。

 

 もちろん、この博物館に対して「凄い!」という感情だけではない。

 例えば、台湾原住民族に関するあらゆるものを展示していたけれど、彼等の文化を「民族」でくくっていいのだろうか。そういう展示は、ある民族の中でも個人差とか地域差を無視することになるのではないか。(キャプションに採集地域などの情報が書かれてなかったように思う)それから、台湾原住民族の生活に根差していたであろうモノを収集して、博物館展示物にしてしまうことは、文化の収奪につながるのではないか。博物館はどのようにして台湾原住民族に還元しているのだろうか。博物館のチケットは、台湾原住民族に対して割引を行っていたけれど、ほかに取り組みはあるのか、などなど疑問はいくらでも出てきた。

 

 それも含めて得られるものが多い博物館だったように思う。ただ、こうやって博物館で感じたことをまとめてみると、学芸員の勉強も専門の民俗や文化人類学の勉強も、ちゃんとやれてなかったことを反省する。今度来る時はまた違う発見ができるようになっていたい。

 

 

 夕方は中国人留学生との会食。その中の一人が「台北の風景は北京より、東京を連想させる」と言っていたことが印象的だった。私は台北を東京に似ていると思ったことはあまりなく、私の見ている台湾とはまた違う台湾を見ているんだなーって。

 

留学日記 9月13日木曜日

 

 

 

 きのう久しぶりに日記を書いて、ようやく自分の中でリズムが取れたなって感じた。リズム、刺激的な生活の中で目にしたものを自分の中で咀嚼するためのリズム。焦りや抽象的な不安を解消するためのリズム。地に足をつけて、生活していくためのリズム。私はわたしのために文章を書いていこうと思う。なんてったって、わたしは書くのが好きだ。

 

 留学っていうと、国際交流のような外に発信するエネルギーばかり求められる気がする。私も含めて、みんな外国人の友達が作りたくてそわそわしているようだ。色んなバックグラウンドをもつ子と友達になれたら、楽しいんだろうなって思いながらも、わたしはその空気が少し苦手だ。何で苦手なんだろう、急かされているような感覚、人との関係性の中で自分の価値が測られているような感覚、「外国人」の友達をつくりたいって、その人に対して失礼じゃないかっていう不信感。

 

 今まで読んだ留学記の多くが、多国籍の友人たちとお酒呑んで、クラブに行って、みたいなものだったからかもしれない。ちょっぴり憧れる気持ちもないわけではないけれど、わたしにそれが無理であることにはとっくに気づいている。そして多分わたしはそれを楽しいと思わない。だから良いんだって、強がってみせる。私は自分が大切にしたいものも、人も、ちゃんと分かっているのに、社会が求める正解像に苦しむ傾向があるようだ。ストレスに感じていること、それを一つ一つ言葉にしていくことは得体の知れない「みんな」に対抗していく術である。

 

 きのうは夕方までのんびりしていたおかげか、自分の中で体と心と環境のバランスが取れた良い日だった。つくばでの大学生活では、授業を詰められるだけ詰めていたけれど、そのペースで留学生活を送ったら絶対に身がもたない。得たいものを得るために、時間をたっぷり確保しよう。中国語で仕事をしたいわけでもなく、1年留年することもなく、奨学金のおかげでお金の心配もない私は、この一年をどう使っても良いのだ。幸運なことに、自分で使える時間はたっぷりある。そしてそれは、これまでの大学生活を駆け抜けてきたご褒美だ。

 

 一つだけ取っていた授業は観光中国語。HSK2級レベルということで(HSKは級が上がるごとにレベルが高くなり1級から6級まである、私はHSK4級を持っている)保険のつもりでとっていた授業だったけれど、オールチャイニーズの先生の言葉を聞き取るだけで精一杯で、いよいよ自分の中国語が信じられなくなった。でも、授業内容そのものは確かに一度習ったような気がするものばかり。それに空港でチケットを買うにはとか、道を尋ねるにはとか、実践的かつ実用的な内容だったから、一生懸命授業を取ろうと思う。11月には友達がこっちに来る予定もあるから、それまでに中国語をできるようになっている予定だ。

 

 教室に居るのは、日本人のほかにインドネシア人、韓国人、フランス人など様々だ。私とペアになった子は韓国人の女の子だった。同じ漢字文化圏にいる日本人は、雰囲気で何となく中国語を理解できるんだけれども、他の国の人は悪戦苦闘している様子だった。何で彼等は中国語を学んでいるのだろう。私と同じでないことだけは確かだ。今度、勇気を出して聞いてみよう。言葉ができない私もそうなんだけれど、お互いに母語じゃない言葉を必死に操って、何とかコミュニケーションを取ろうとしているあの空間は、どこか愛おしい。

 

 結局のところ、語学に対する不安は語学学習でしか解消されない。でも、その語学学習に向かうためには、心身が疲れていないことや時間の余裕なども必要であって。何事もバランス、調和である。

 

 

 

 

台湾留学日記 台湾に来てしまいました

2018年9月12日

 台湾に留学してから12日が経った。本当に長い12日。9月1日に、真新しいスーツケースとリュックサック一つで台湾に渡った私は、寝床を得、友達を得、移民局やSIM、銀行、奨学金といった煩雑な作業を乗り越えた。

 

 日本であってもへとへとになる新生活をこうして過ごせているのは、周りに恵まれて何とかやってくれただけであって、私一人だったら絶対に無理だった。この12日の間、私は自分のふがいなさばっかり感じている。信じられないことにわたしは英語も中国語もできない。そのことによって、ありとあらゆる困難が降りかかって来るけれども、台湾の人は大抵とても優しい。私のつたない中国語を聞こうとしてくれるし、レジのおばちゃんが即席中国語講座を開いてくれることもある。(私はそれで、レシート要りませんも、レジ袋要りますも、ポイントカード持ってませんも言えるようになった)

 

 どこに居ても、私は友達を作れるんだな(今のところ、日本語に大分頼っているんだけれども)ということは、確実に私の自信になっているし、到着直後にIKEA無印良品、寮のぼったくりセールに通って理想の部屋を作り上げたことによる安心感はすごい。台湾の料理は大抵口に合う。時にはヒラヤーチーや沖縄そばを連想させるような料理に出会うこともあって、沖縄という軸を持って台湾で暮らすこと、それは生活の端々で学びがあるのだと感じる。中秋節を目の前にした月餅大売り出しも、バーベキュー用のお酒が売られていることも面白い。道端で出会う神様に大興奮している。留学生活は概ね順調なスタートを切った。

 

 でも、私は不安に襲われる。トラブルがあったらどうしよう、トラブルを説明する語彙を持たないし、そもそもトラブルを説明されても理解できない。台湾人も台湾で出会った日本人もとても優しいから、私に絶対に言わないんだけれども、私の中で声がする。「英語も中国語もできないお前が何故、台湾大学に居るのだ」と。センター入試では入れなかった賢い大学にAC入試で入って、英語のできる同級生に囲まれて、完全に語学がコンプレックスになってしまっている。それはずっと前から自覚していたんだけれどもここに来て、外国語学部や国際学部の人達に囲まれることにやってさらに加速しているようだ。このコンプレックスは単純に語学の問題ではない。高校時代、学校が求めるような偏差値教育に馴染めずに一般入試を受けなかったコンプレックス。自分の好きなこと以外に頑張れなくて、好き嫌いも得意不得意も激しい。積み上げ式のものが苦手というコンプレックス。語学は私の人生におけるツケであるという意識。

 

 日本で中国語も英語もしっかり勉強すればよかったという声が自分の中からする。でも、日本では興味のままに私なりに頑張ってきた。民俗だけでなく、文化人類学も宗教も文学も齧りながら、将来のことはありとあらゆる対策をかけながら資格習得にも励んできた。保険のつもりでとっていた教育の授業は面白いし、学芸員実習は本当にやれて良かったと言い切れるものだ。キャパオーバーを繰り返しながら頑張ってきた大学生活に後悔は、ない。一年前に戻れても、私はまた同じ一年を繰り返す。私は中国語で仕事がしたくて留学したわけでもないし、単純な語学の習得の為に来たわけでもない。ましてや、就活を意識していたわけでもない。だからこそ、私は何で台湾大学に来たんだろうと思う。コンプレックスの塊みたいな毎日。日本人の友達には恵まれていて、ぼやぼやしているとそのまま彼女達の語学力に頼って一年過ごせてしまいそう。だからこそ、私は自分のやりたいことを見失いように、こうして言葉にする必要がある。

 

 私は沖縄をやりたいから台湾に来た。この沖縄をやりたいは学問だけでなく、自分の肌感覚、口からでる言葉、思想、人間関係など全部である。大学で沖縄を出たことによって、自分の中の物差しが一つ増えた。たとえ沖縄で就職することになっても、私はこの大学生活を大切に抱きしめていくんだろうなという予感が既にする。沖縄にだけ居た18歳のわたしから、20歳の私は遠くに居るし、沖縄に永住してもあの頃の私にもう戻ることはできない。私は稲穂が風に揺れる美しさも、春先に香る梅も、湯船につかることでほぐれる筋肉も知った。「内地」でくくられていた地域が、「思い出のある茨城」「友達が愛する川越」「素敵な新年を過ごした名古屋」「素敵な萩焼を頂いた萩」に変わっていった。そして私はそれを豊かなことだと思う。

 

 それによって、私は沖縄だってまったく違うように見えるようになったからだ。沖縄は沖縄だけで成立しているわけではない。東アジアの中で関係しあいながら成立している。尊敬する民俗の先生に「あなたは自分の経験から出発した民俗学で安心した」と言われた。私の武器はその生活を肌感覚で知っていることだ。それは民俗学の範囲だけのことではなく、物事を考える上で大切にしたいことである。だから、今回台湾で生活したかったんだと思う。よくネットで「こんな留学は失敗する」とされている曖昧な理由だろうか。

 細々とした理由を挙げればいくつでも挙げる。特に惹かれている沖縄の土地神が中国由来であることとか、大学での単位をほとんど取り切ってしまったこととか、素敵だと思う人の多くが留学経験者であったこととか(留学経験者ってよく「○○の国では~」みたいな話し方をする気がする。それが何年前のことでも、考える基準に日本以外の視点をもっているって良いなと思う)つくばでの生活に疲れているところもあったかもしれない。周りの人がみんな背中を押してくれたのも大きい。奨学金のおかげで経済負担もないっていうことも大きい。

 

 だから私は台湾で街に出て、歩きたい。色んな神様に出会いたいっていうこともあるけれど、台湾の人の姿を見たい。博物館にも行きたいし、日本統治時代の遺構にも行きたい。台湾に来て何をしているんだって思うけど、沖縄民俗に関する本も読みたい。そして幸運なことに台湾大学の図書館には、沖縄民俗の本がかなり充実している。私の留学には、こうして絶えず自分の思いを言語化することも大切なんだと思う。留学というと外向的なイメージがあるけれども、私が見たいのは結局自分自身のことでもあるのだから。でも、こうした目的の裏にはやっぱり言葉が必要なんだ。信仰を見る上で生活が切り離せないように、文化と言葉もくっついている。そうやって、目的をはっきりさせて学ぶ語学はしんどいものじゃないかもしれない。

 

 むやみに焦らず、私なりに、わたしのやりたいことの為に、頑張る。それがこの留学の第二目標である。(第一目標は、健康に過ごすこと)

 

 今は、こんな私が台湾に来て良かったのかと不安に思うこともある。一年後の自分の姿なんて全く想像つかない。でも、どうにかなっちゃいそうな気もする。この留学が終わるころの私は、今の自分が持っていないものを持っていることは確実だ。それがどんなものであっても、自分を大きくする、豊かなものであると思ったから私は留学を選んだんだった。きっと、大丈夫。色々くじけそうになるけれど、それでも私は元気にやっています。